日記みたいなひとりごと(ぼそぉ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プラモデル完成(妖怪ウォッチ ロボニャン)

妖怪ウォッチ ロボニャン改造

老いるニャン完成しました。



一応、オラ設定がありまして・・・


「天野景太が妖怪ウォッチを手に入れてから、

数千年の時がすぎ、マウンテンサイクルから

発掘されたロボニャン。

現在は、公園に展示されている。」


という妄想設定。

老いるニャンという名は、オイルを塗りたくってるからという意味もある。




合わせ目消し、凹埋めなどはしてません。

塗装の練習と表面処理の練習を兼ねてます。


表面は、タミヤのラッカーパテをスポンジで叩くように

塗りました。(スポンジは溶けました)


その後、サーフェイサーエヴォ オキサイドレッドを吹きつけ

乾燥後、タミヤのウェザリングマスターをライターオイルに

混ぜて、筆塗りしてます。


それをティッシュで拭き取りして完成になりました。



完成後、本を読んで・・・

鉄道模型の本で、ターフというもの知り購入して、台座を作りました。


プラモ作りの本も、もちろん大切ですが

そのほかのジャンルの本も、模型誌では書いてない

工作の基本などがあり、とても参考になりそう。


樹木の作り方は、建築分野では、当たり前?のようにされている

やり方だったり、鉄道模型の本に載ってる塗装法は、マシーネンや

汚し塗装などに使えるんじゃないかと思いました。


(まだ腕がついていかないので、徐々に取り入れたいです)













樹木を作るとき、銅線だと接着ボンドが付きにくいと

(金属にはつかない)ので、銅線にテーピングテープを

巻けばいいんじゃないかと思ってみたり。


金属用の接着剤をもってるから、それで枝を作ってから

葉っぱ取り付け作業に入ったほうが、いいと思ったり。



これからも、好きなものを作っていきます。



スポンサーサイト

コメント

1. なるほど!

建築模型マニュアルはホント、参考になりそうです。
公園がいい感じですね。

  • 2014/09/15(月) 09:30:48 |
  • URL |
  • おやジ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

2. 無題

おやジさん

こんばんは。(^-^。
ありがとうございます。

プラモ誌以外も役立つのがありそうです。
今日は、「ぜったい完成!プラモデル塾 ミリタリー専科」という本を借りてきました。

戦車迷彩のところに、車体に下書きするとき
鉛筆の黒炭は塗料の上に出てきてしまうため
だめ。
色鉛筆は、顔料なので大丈夫と書いてありました。
いろいろな本で必要な情報をピックアップしてます。

  • 2014/09/15(月) 21:34:56 |
  • URL |
  • だいすけ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://jijidaisuke.blog.fc2.com/tb.php/907-12d9f770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。